介護のプロフェッショナルになろう

HOMEコラム>細田 健史 氏

細田 健史 氏

人は生きている中で、何人の人と出会うのでしょう。
介護の仕事をするようになってからは、利用者様やそのご家族、同じ法人に勤めていた職員や他法人などの介護業界の人など沢山の出会いがありました。
そこには、「影響を与えてくれた人」や「自分の成長につながった人」など人生の分岐点となる出会いがありました。
皆さまにも、そんな出会いがあるのではないでしょうか。

介護士をしていた時代に施設介護が困難な利用者様が入所しました。
家族が自宅介護をしていたにもかかわらず、専門職がいる施設で介護が困難、受けることができないとはどういうことなのか。

「介護の専門職として誇りと自覚を持たなければならない」などの議論を施設職員同士で交わした覚えがあります。
介護保険法では「正当な理由なく指定介護老人福祉施設サービスの提供を拒んではならない」とされています。
解釈通知によると正当な理由とは、入院治療の必要がある場合その他の入所者に対し自ら適切な指定介護福祉サービスを提供することが困難な場合とされています。
正当な理由は明確ではありませんが、介護サービス提供が困難な場合とは、相当な理由が必要と考えられます。
医療ではなく介護が中心で支援をすることができる場合には、どんな利用者様でも受け入れることが必要であると思います。
どんな利用者様でも受け入れることができるようになるには、介護のプロフェッショナルな人材が必要となります。
(プロフェッショナルとは、専門的知識技術を用いてそれを生業としている者)

介護の専門的な知識や技術を用いて仕事をしている者とすると国家資格である「介護福祉士」が頭の中に浮かびます。
介護の仕事をするからには、介護福祉士を目指していくことは必要ですし、目指して欲しいところであります。
厚生労働省のホームページより介護福祉士有資格者の登録数を調べたところ、令和2年度1,753,418人となっていました。
(私的な意見としては、少ないと感じ、増えていかなければならないと思います。)
私も介護福祉士の資格を保有しています。
介護のプロフェッショナルと言えるのか?と考えるとまだまだ未熟であると思っています。
介護士には、十分な経験や資格を持っているにもかかわらず、思ったような結果にならない人が多く存在していると思います。
例えば、「他人の批判をする人」。
他人を批判することは簡単ですが、自分がその立場で考えて行動することが大事です。
例えば、「自分は他人よりもできる人と自己評価が高い人」。
自分自身を評価することは必要ですが、過信してはいけません。自己評価よりも他者評価を良くすることが必要です。

ほんの少し意識の方向性を変え、行動方法を変え、プラスの知識を増やしていくことで介護の専門職に近づいていきます。
介護士一人ひとりがプロフェッショナルを目指しましょう!
そして、介護士が正しく評価され、よりスキルの高い人材となり、介護の仕事が高く評価される社会を介護業界全体で目指していきましょう。

(参考)厚生労働省のホームページhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/shakai-kaigo-fukushi1/shakai-kaigo-fukushi6.html

連載一覧

施設介護から考える

HOMEコラム>細田 健史 氏

細田 健史 氏

現在の私は、介護老人福祉施設に勤務をしています。
施設を利用されている方は、自宅等で生活をされていた方が、疾病など何らかの理由で自らの力では生活が出来なくなり、ご家族の支援や居宅サービスなどの介護サービスを受けながら生活を維持してきましたが、それも困難となり施設を利用するようになります。
利用者様は、自宅での生活を維持し、人生の最後を迎えたいと願っていた方が多いと思っています。
全ての人ではないと思いますが、施設で生活をしたいと思っている人は、少ないのではないでしょうか。

施設に入所すると、生活の場が在宅から移ります。
在宅では、居宅サービス等を利用しても生活を維持できなかったことが、施設サービスを提供することで生活を維持することが出来るようになります。
施設では、24時間365日介護士がご家族に代わり支援をしています。
介護士が主体となり、医療面においては看護師、栄養面においては栄養士、生活全般における相談や家族との連絡調整については生活相談員、施設介護計画等に関しては介護支援専門員、身体機能の訓練等においては機能訓練指導員、各種の専門職が各々の専門性を理解し連携していくことで、利用者様の生活を支え維持しています。
利用者様の支援をチームとして行うこと・利用者様の視点に立ち、生活を中心に考えることで、施設介護が向上していきます。

施設介護は、利用者様自らの生活を維持していくために介護士等の援助を受けることであると思います。
そこには、「自立支援」=自らの力で行うことができるように支援していくことが目的にあります。
できなくなった事柄が、介護士等の支援によってできるようになる。
特別なことを求めている訳ではありません。
介護士等が、「利用者様の自ら行うことができること」と「自らでは行うことができず他者の支援が必要なこと」に応じて支援をし、生活を送ることが大切なのです。施設で生活しているなかで、利用者様がどう生き、どういった最後を迎えたいのかを描いていただき、その希望を叶えることができるようにすることが大切なのです。

他職種が支援をしている介護施設では、目的を実現するために目指すべき方向が共有されることが重要となります。
当法人では『利他』としています。
自らの幸福よりも他者(利用者様)の幸福を願い行動することです。
長年生きてこられた利用者様が、最後まで幸せと思えるような介護を行っていくことを目指し、法人職員は実践をしています。
そして、利用者様が 「施設で生活してよかった。」
利用者様家族が 「施設にお願いしてよかった。」
と思えることが、施設の評価であり、施設介護の質であると考えます。

連載一覧

人が人を支援する

HOMEコラム>細田 健史 氏

細田 健史 氏

はじめまして。
社会福祉法人梅香会 矢那梅の香園 施設長 細田健史です。
私が介護業界に勤め始めたのは、1996年身体障害者療護施設の介護士からでした。
当時は、右も左もわからない中、よく勤めていたなと思い返します。
知識や技術もなく、先輩介護士の方々から、よく指導を受けていました。
そういった中で、ある入所者との出来事を交え「人が人を支援すること」を考えてみたいと思います。

私が担当していたMさん。
他の介護士が介助すると容易に出来ることが、私が介助すると緊張がはしり拒否される。
意思疎通は、言葉ではなく目の動きや舌で合図をするので、「私ではダメですか?」と問いかけると舌を出す。
完全に新人介護士では、Mさん自身が受け入れてくれなかった訳です。
皆さんもこんな経験はありますか。このような状況になると悩みますよね。

  • 何がダメなのだろうか。
  • どんな介助の仕方があるのか。
  • 一生懸命介助しようとしているのになぜ受け入れてくれないのか。

やるせない気持ちに押しつぶされそうになりました。
介助をする私も人です。
Mさんを支援するということは、施行錯誤しながら支援をするということです。
私は、同僚介護士に支えられ、助言を頂き、諦めることなくMさんのことを知ることから始めました。
あるきっかけでMさんとの関係が急変ましたが、このことで、Mさんを支援することは、その人を理解することから始めることが大切であると悟りました。
知識や技術を身に着けた今でも、それは変わらない事であると思います。
どれだけ良い言葉を発しても、どれだけ良い介護をしても、介護を受ける人と介護をする人との関係性が築かれなければ介護の質は良くならないと思っています。

介護の仕事をしていると「自己覚知」を学びます。
自分を知ることです。どんなときに感情が動くのか。
どんなときに受容でき、受容できないものは何なのか。
受容できないことがあったとしても対人援助をするときには、感情をコントロールすることが重要になります。

私たちの仕事である介護は、人(介護者)が人(利用者)を支援する仕事です。
介護者である己を知り、利用者である他人を知り、生まれてくる関係性の上で成り立つものだと考えます。

介護の質を評価するのは、利用者であり、その家族です。
人と人との関係性が良好であることが前提ではないでしょうか。

連載一覧

「自立生活型」支援は支援専門職だからできること

HOMEコラム>梅本 聡 氏

梅本 聡 氏

「いつか車椅子に乗る状態になることを目標にしている方はいますか?」
講演会でこんな問いかけをさせてもらうことがあります。
今のところ、手を挙げた人はいません。

しかし、この問いかけにはほとんどの方が手を挙げます。
「いつまでも 自分のことが自分でできる で、いたいと思いますか?」

自分のことが自分でできる
これは、第1回でご紹介した介護保険法の目的にある【有する能力に応じ自立した日常生活を営むこと】という一文に合致します。

そしてこの一文は【営むことができるよう】と続きます。そのことを踏まえこの法文を要約すると、
【自分のことが自分でできる=自立した日常生活を営む】ことが、様々な原因で【自力でできない状態=要介護状態】にある方が

  • できることを続けていけるように
  • できないと思われたことを取り戻せるように
  • その上でできないことは代わりに行う

という、【自立生活型】支援が介護保険法(制度)の目的であることがわかります。
であれば、第2回でお伝えした【お世話型】介護ではなく、【自立生活型】支援が支援専門職の仕事であり、質を追求していく”型”だといえます。

ちなみにお手伝いさん(化した介護職)は身の回りのお世話はできたとしても、自立生活型支援はできません。
自立生活型支援では、要介護状態にあるその方の【状態と状況】を知る”専門性”が必要だからです。

  • 状態・・・健康状態、身体能力、知的能力、心の動きや意欲、ライフスタイルや価値観等
  • 状況・・・本人を取り囲む環境(人・建物・福祉用具・公的制度等)

そして自分が知った【状態と状況】からすると、その方は日常生活に必要なあのこと・このことで、何が【できる・取り戻せる・できない】のかを見極め、どの見極め結果にも応じること(実行)できる”専門性”も必要になるからです。

多くの人が望んでいる【いつまでも自分のことが自分できる】ことを支援する専門性を有した者、支援専門職。人が活きて生きることを支えることができるスペシャリストなのです。

必要なのはお世話型介護からの切り替え

HOMEコラム>梅本 聡 氏

梅本 聡 氏

僕が10年半、ホーム長を務めていた認知症対応型共同生活介護(以下「グループホーム」)では、認知症の状態にある入居者の方たちが介護職員のサポートを受けながら、食事、排せつ、入浴、整容、着替えなどの日常生活行為や、生活を営むために必要な掃除、炊事、洗濯などの家事において、
「自分でできることは自分で行う」「他人と助け合いながら行う」
ことを基本としていました。
また、入居者の方たちはほぼ毎日買い物に出かけ、食材や生活用品を購入するなど、「地域社会とつながって生活する」ことを心がけていました。

そんな実践に対し入居者のご家族からは、
「生き生きしている」、「症状がよくなったみたいだ」などと言っていただけました。

しかし、法人の経営層(梅本の上司)からは、
「お年寄りにご飯を作らせるなんてかわいそうだ」、「認知症なのに掃除をさせるなんてひどい」といった非難の声ばかり。
経営層は、高齢者・要介護者・お客様なのだから、「何でもやってあげる・やってさしあげるのが介護」という考えを持っていたため、受け入れられない実践だったのです。

僕が介護業界に入った27年前の現場も同じでした。
意識しなくても日々行っている日常生活行為=私たちが普通にやっている当たり前のことを、本人の意思や状態は関係なく、介護職員が画一的に何でもやってあげる(やってしまう)「お世話型」介護。
今の介護現場の根っこも、これかなと思います。

しかしお世話型介護は、前回のコラムで確認した「ものさし(介護とは何か?)」からかけ離れています。
また、お世話型介護を主流とするのであれば、介護現場に必要な人材はお手伝いさん(化した介護職)で、支援専門職はいらない、ということになります。支援専門職は不要(だからロボット?)となったら、処遇改善どころの話しではありません。

そうならないためには、支援専門職自らが自分で自分の価値や必要性を下げる仕事をしない・・・、お世話型介護からの切り替えが必要です。
そしてそれが、質を追求していく介護の❝型❞だと僕は考えます。

「介護って何ですか?」と問われたら、あなたはどう答えますか?

HOMEコラム>梅本 聡 氏

梅本 聡 氏

はじめまして。株式会社Qship(キューシップ)代表・介護福祉士の梅本聡です。
本コラムのテーマは「介護の質」ですが、質を考えるその前に、そもそも「介護」って何なんでしょうか。
質を問うにしろ、追求するにしろ、そこには「ものさし」が必要で、そのものさしは軸が定まっている必要があると僕は思っています。

ということで第1回の今回は、「介護とは何か?」を確認してみたいと思います。
ちなみに、僕が27年の実務のほとんどを経験させてもらっている高齢者介護には介護保険法や関連法が定められ、法に基づいた運営や実践が求められていますので、法を基に確認してみます。

国が定めた介護保険法は第一条に、「尊厳の保持」と「有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように」を目的として掲げています。
また、社会福祉法の基本的理念にも同じ法文が含まれています。

そこには、介護業界でよく耳にする「寄り添う(ケア)」や「その人らしく」といった響きが良く、介護施設・事業所の理念等にもよく使われる言葉たちは見当たりません。
いわば、「介護とは何か?」の問いの答えは、「寄り添う(ケア)」でも「その人らしく」でもなく、法に掲げられていることを踏まえれば、

  • 「尊厳を保持する」こと
  • 「有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう支援する」こと

であると考えるのが自然です。

さらに、社会福祉士及び介護福祉士法(第四十四条の二)と精神保健福祉士法(第三十八条の二)に規定される誠実義務にも「個人の尊厳を保持し、自立した日常生活を営むことができるよう、常にその者の立場に立つて、誠実にその業務を行わなければならない」とあります。

私たち支援専門職の仕事の軸も、介護とは何か?の答えと同じであることがわかります。そして、支援のプロの仕事は、「お世話」ではないということも。

第2回に続きます。

プレイングマネジャーのマネジメント実践

HOMEコラム>馬場 博 氏

馬場 博 氏

第1・2回では、「頑張り過ぎないよう」「必要十分な(事足りる)質と量」に介護サービスをマネジメントしなくてならない、と書きました。
そのマネジメントを実践する上で要となるのが、マネジメント層(管理者等)ですが、現場職も兼ねてサービスとマネジメントを同時に行うプレイングマネジャーが多いのが、介護業界の特性です。
責任・業務負担が大きく、いつの間にか精神身体に多大な負担がかかってしまいがちです。
「身体を壊してまでやらなきゃいけない仕事などありません」、まず自分が潰れてしまわないように「頑張り過ぎない・抱え込み過ぎない・やり過ぎない」を優先して、仕事をしていただきたいです。
施設・事業所のサービスのマネジメントを行い、生産性を高めるためには、自分自身の仕事のマネジメントをきちんと実践することが肝要です。
セミナー等で本テーマの講師をする際には、プレイングマネジャーがより生産性が高い働き方をするための実践ポイントとして、以下の4つあげています。

1.組織的に仕組みで防ぐ・改善する

場当たり的で事後的な対応をしていては、同じ問題(クレーム・事故・収益・人間関係等)に悩まされ続けます。
そうならないように、「問題が起きてから、自分がその場で対応する」(属人的)ではなく、「仕組みをつくり、組織・チームを動かし、問題を事前に防止する」 (組織的) ことが、マネジメントの重要機能です。

2.本来業務に注力する

下記のようなマネジメントを実践する(仕組みをつくる、組織を動かす、求められる成果を出す)ことこそ、マネジャーの本来業務です。

3.任せて任せ切らない

タスクシフト・タスクシェアによる「サービスレベル・収益の低下」 「業務負担増」といった副作用を抑えためには、業務管理・進捗管理・コミュニケーションを怠らないことです。随時と定期(会議・MT・面談・人事考課等)を組み合わせて、効果的にチェック機能を働かせましょう。

4.全体を一覧で可視化する

業務管理のポイントは、「全体を一覧で把握できる」状態にしておくことです。自分の業務スケジュールを1箇所に集約し、時系列(縦軸)と業務(横軸)で整理しておくと効果的です。(※業務スケジュール一覧例参照)

第1回で「 ”頑張り過ぎない” 介護サービスを」述べたのと同様に、介護業界の中心となって現場を動かしているプレイングマネジャーが、その責任感から頑張り過ぎて疲弊して退出してしまうような事態を招かぬように、自身のマネジメントを効果的に実践し、長くこの業界で活躍していただきたいと切に願っております。

”必要な”から、”必要十分な(事足りる)” 介護サービスへ

HOMEコラム>馬場 博 氏

馬場 博 氏

第1回では、質を求めるあまりに過剰なサービスとなり、介護従事者の頑張り過ぎ、疲弊を招いてしまわない様、介護サービスを「必要十分な質と量」にマネジメントしなくてならない、と書きました。
これは供給量(人材)の問題で、すべての介護サービスで今後差し迫ったテーマになると思っています。
執行役員を務めている法人で、小規模多機能型居宅介護を2箇所運営していますが、利用回数に関わらず料金が定額のサービスであるため、同じ金額であれば「なるべく多く利用したい」利用者側と、人員・設備的に「利用回数を制限したい」事業所側の間で常に綱引きが生じてしまいます。

決まった介護報酬の中で人材を確保・配置してやりくりしていくためには、「利用回数無制限」というわけにはいきませんので、利用者側との調整が必要になります。
そのため、望む生活を手に入れるために「必要な」サービスではなく、提供できる供給量(人材)も考慮して、生活の維持・継続のために「必要十分な(事足りる)」サービスで満足していただく、「必要な人に、必要なサービスを、必要な分だけ提供するために」、限られた資源(特に人材)をシェアしていく、そのようなコンセンサス(合意)を得ることが常に大きな課題になっています。

重々ご承知と存じますが、介護人材不足が顕著な現在、「必要な」サービスを提供する余力はすでに無くなってきています。
ここから介護サービスの利用ニーズがピークになる2025〜2040年を迎えるため、さらに人材不足が深刻化することはほぼ確実です。
人材不足解消のための「科学的介護」「ICT・ロボット」「外国人人材」ですが、どれも供給力不足を補う決定打とはなり得ないと思いますので、「必要十分な(事足りる)介護サービス」について、利用者・職員・経営者・行政・政治間で合意形成する事は、全サービスで差し迫ったテーマになると感じています。(その中であえて質を追求する事業者がいても、それを否定するものではないですが)

利用者と事業者の契約に基づいてサービスを行うのが介護保険サービスですから、この合意形成を行政と政治に期待するのではなく、事業者と利用者間でどうにか折り合いをつけていく覚悟を持つ必要があるのではないでしょうか。

「頑張り過ぎない」介護サービスを

HOMEコラム>馬場 博 氏

馬場 博 氏

介護サービスの質と私の専門である経営マネジメントの関係性をテーマに全3回掲載させていただきたいと思います。

介護サービスの質とは何かを定義するのは難しいですが、あえてするならば
●複数の顧客(利用者・家族等)が満足する
●個別の価値観に見合ったサービスを(在宅の場合「様々な場所と環境で」)、
 多職種のチーム連携のもとに、安全・安心に提供できること
となり、他のサービスと比較して非常に難易度ことを改めて自覚させられます。
特に「個別の価値観に見合ったサービスを」は、介護保険の理念である「尊厳の保持」に関わる重要な点であり、決して疎かには出来ません。

しかし、このことを意識し過ぎて過剰なサービスになってしまっている場面はないでしょうか?
以前、利用者の方にヒアリングをした際に言われた言葉でとても印象的なものがあります

『皆さんが思っているほど、(この施設のサービスは)良くもなければ悪くもないですよ』

ハッとさせられました。
そっけない言葉に聞こえますが、この方の満足度が低いとは感じませんでした。
ニーズに沿って、特色や強みをもったサービスを作ることは大切ですが、そのことが過剰な利用者ニーズを創り上げてしまっている面もあります。

ほとんどの利用者にとって満足のいくサービスとは、
<生活に必要なことを普通にきちんとやってくれる>
ことであり、本来それで十分満足度の高いサービスとなるのではないでしょうか。

このコロナ禍で行われたサービスの見直しや利用控えを通じて
<本当に必要なサービスとは何か>
を改めて考えさせられた方も多いと思います。
「頑張り過ぎない介護」は家族にだけ言えることではなく、介護従事者にとっても同じです。
プロである以上、満足度の高いサービスを安心・安全に提供することは義務ですが、頑張り過ぎて心身を疲弊させ、仕事ができなくなっては元も子もありませんし、地域としても大切な資源を失うことになります。
介護従事者が頑張り過ぎずに仕事を続けられるようするためには、介護サービスを<必要十分な質と量>にマネジメントしなくてはなりません。

残り2回でその具体策・留意事項に触れていきたいと思います。

自立した姿とは。これからも人にかかわろうとしている皆さんに考えてほしいこと

HOMEコラム>柴田 範子 氏

柴田 範子 氏

子供時代の記憶の中に、脊髄カリエスからの後遺症で、父はいつも2本の杖を使いゆっくり歩いていた姿がある。
私が50歳の頃、父は広い自宅内を腕の力を使いいざって移動していた。
ベッドは不要と言い、敷布団の上で横になり、動きたいときは布団の上を転がり、トイレも風呂も工夫をして可能にしていた。
心臓弁膜症を抱えた母の負担を軽くしようと思ってのことかもしれないが、当時の私には父の自立した姿に映っていた。

自立も様々。
その人の持つ能力、障害の程度、生活背景等によっても違いがある。

今春、身体障害1級、障害区分4、車いす利用のA氏から、アパート探しを頼まれた。
1人で住むに至った理由はここでは語らないが、希望に添えるように相談しながら探した。
約3か月半かかった。アパートの居室は一階。
部屋に入るまでにバリアが数か所ある。
A氏は妥協した。A氏には、生活保護法上、転居時、生活に必要な家財を購入する費用が若干出る。
アドバイスのつもりで、家財はまとめて購入すると低額で抑えられることを伝えた。
「暫くは不便でも、自分で1つずつ揃えたい」と回答。
ひと月に一度訪問させてもらっているが「今度は、洗濯機を買いますよ」と、選ぶことを楽しんでいるように見えた。
自分の生活は自分で計画して徐々に作っていく。
一時、3畳間に住んでいたA氏とは違う力強さが感じられた。

できる力を奪わない。
私自身も含め、介護職員等ができることを手伝っている場面は多いと聞く。
利用者の方と話し合い、できること、できるかもしれないことを1つでも多く見つけ、共に行う介護、する介護に近づくことが利用者本人の喜び、自立に繋がる筈だと振り返っている。