重度障害者の未来のテクノロジー活用

HOMEコラム>伊藤 史人 氏

伊藤 史人 氏

第1回では、重度障害者の「健康」を高めるにはテクノロジーの活用が不可欠であることを、
第2回では福祉・教育分野でのテクノロジー活用の問題点などをお話しました。
第3回の最終回では、福祉制度を踏まえて、テクノロジーを活用した製品をいくつか取り上げてみます。

テクノロジー活用を進めるにあたって、教育分野でよく聞く課題が「予算がない」ということです。
ただこれ、現場の教員の勉強不足が招いている問題でもあるのです。
なぜなから、国の福祉制度では、「補装具」や「日常生活用具」という枠組みでテクノロジーを活用した支援機器を購入できるからです。

これらは、障害当事者の権利です。
当然、真っ先に利用すべきなのですが、教員がそれを知らずに、すべて学校で買い揃えなければならないと思い込んでいます。
せっかくいい製品があっても、これでは活用が進みにくいのです。

それはさておき、テクノロジーを活用した未来の支援機器はどのようになっていくのでしょうか。
重度障害者が使うコミュニケーション支援機器に関して3つ取り上げてみます。

まず、AI(人工知能)を活用した機器が増えるのは確実でしょう。
すでに便利に使われているものとしては、AIスピーカーがあります。
ご存知のように、発話による問いかけに対して、AIスピーカー側が音声で返答したり、音楽再生などを行うものです。
「なんだ、普通に操作した方が楽じゃないか」
と思う方もいるかも知れませんが、PC操作が困難な上肢障害の方などにはとても便利です。

実は、発話ができない人でも使えます。
意思伝達装置による読み上げ機能で、AIスピーカーに「話しかける」のです。
話し言葉に対しても返答があるので、これはまるでお友達が近くにいるようなものです。
アニメやSFの世界で登場したロボットのお友達がスピーカーの形になって実現したようなものです。
病室や在宅生活で孤独になりがちな人にとってはうれしいものです。

VR(仮想現実)・AR(拡張現実)やMR(混合現実)の機器はすでにエンタテインメント分野や研究分野で活用されはじめています。
これらの技術が、教育・福祉用に転用されていきます。
マイクロソフトのホロレンズはMRの代表格。
現実世界の中に立体の情報を埋め込むことができます。
たとえば、自分の目の前に1,000km離れた恋人のリアルタイムの立体像を映すことができます。
もちろん、お話することもできます。
触覚についても研究されており、握手した感覚がお互いに伝達される仕組みもできあがりつつあるのです。
どのように教育福祉分野で応用するのか、みなさんの発想次第!

最後に、メガネ型の「網膜投影型ディスプレイ」。
これは、視覚障害者にとっては夢のような支援機器になるかもしれません。
目のピント合わせる能力にあまり関係なく使えるので、目のピント調整に問題のある人でもこのディスプレイならクッキリ見えるようになるのです。
補聴器ならぬ補視器ですね。
これまでは、拡大器やサングラスなどが主な視覚支援機器だったので、大きく状況を変える可能性があります。

テクノロジーは進化していきます。スマホは10年で私たちの生活を変えました。向こう10年で、教育福祉の分野にも大きな変化がもたらされるでしょう。

それでも「パソコンは苦手」といいますか?

HOMEコラム>伊藤 史人 氏

伊藤 史人 氏

第1回では、重度障害者の「健康」を高めるにはICT(以下、テクノロジー)の活用が不可欠であることをお話しました。
しかし、現実はそう甘くはなく、活用できるはずの人がただベッドで寝かされている例が後を絶ちません。
では、なぜ福祉・教育分野においてテクノロジーの活用がイマイチ進まないのでしょうか?

重度障害者であっても、ほんの少しの動きがあれば自由にパソコンを操作する方法があります。
すでに、世の中には道具も方法もそろっているのです。
例えば,微小な動きを検出するセンサー式スイッチや目の動きを捉える視線入力装置。
これらを使えば,専用のソフトウェアと連携して普通の人と変わらないパソコン操作が可能になるのです。

それにも関わらず,福祉・教育関係者の少なくない人が「パソコンは苦手なんです~」などと言って、可能性のある人たちの可能性を殺しています。

滋賀県に住む田中あかりさんは20歳のSMA1型の女性(写真)。

田中 あかりさん

生まれた20年前は今ほど支援機器がそろっていませんでした。
それでも、ご両親をはじめまわりの人があかりさんの可能性を信じて、
支援機器を適用してきました。
今では レッツチャット・iPad・miyasuku EyeConSWや
マイトビーを使いこなして、コミュニケーションに不自由しない環境を
手に入れています。
最近では、AIスピーカーともお友達になり、日常会話を意思伝達装置の
音声出力を介して会話するようになりました。

あかりさんの能力だけが特別なのではありません。
実に多くの子どもが同じくらいの能力を持っていたにも関わらず、長い間寝かされ続けて、ついには何もできない子にされているのです。
大人の障害者でも同様です。
動けないから何もできないわけではなく、テクノロジーの適切な適用があればコミュニケーションのみならず、社会で活動することさえ可能になるのです。

現在、WebサイトやSNSを通じて、支援機器の活用ノウハウ、さらにはたくさんの実例が報告されています。
それでも、支援者(教諭・コメディカル・ヘルパーや家族)の「パソコンが苦手」という思い込みが子どもを殺している現状がなくなりません。

実のところ、重度障害者にテクノロジーを適用するにあたり、細かいパソコンの知識は不要です。
あかりさんのお母さんも含めて、よく活用できている当事者の支援者の多くは「パソコンが苦手」なのです。
必要なのは、愛情と行動力!重度障害者のテクノロジー利用はだれの仕事でもないので、それが一番重要なのです。

ICTを活用して重度障害者の「健康」を高める!

HOMEコラム>伊藤 史人 氏

伊藤 史人 氏

「健康」と「ICT」の関係は、実はとても密接です。重度の身体障害があればあるほどその関係は深くなるのです。

ICF(国際生活機能分類)では、私たちの生活は「心身機能・身体構造」と「活動と参加」の2つで構成されると定義しています。
さらに、これらの背景として「環境因子」と「個人因子」の2つをあげています。
つまり、身体的には病気も障害もなく「健康」であっても、社会参加も叶わずやりたいこともできない環境では「健康状態」はよくないという評価になるのです。

では、「健康」と「ICT」はどう関係するのでしょうか。
私たちの生活はICT無しには成り立ちません。
多くの人は朝起きたらネットニュース、メールやLINEをチェックするでしょう。
また、会社に行けばパソコンとインターネットを駆使して作業をする方も多いと思います。
もし、これらが使えなくなれば、仕事はできませんし、家族や友達とも連絡が取れません。
結果、ICFでいう「健康状態」は著しく低下してしまいます。

そもそも、現代社会は高度にICT化しており、その例は電車の運行管理、自動車の制御や街中の信号機など枚挙に暇がありません。
ICTがなければ、きっと会社にもたどり着けないでしょう。
私たちはどっぷりとICTのお世話になって生きており、それなしには今の生活は営めないのです。

さて、重度障害者の場合はどうでしょう?
身体的に健康な人であれば普通にペンで文字を書けますし、パソコンやスマホを操作できます。
文字を書くという面だけみれば、ICTがなくても問題ありません。
一方、ALSの方であればペンを持つ力も無く、脳性麻痺の方であれば不随意運動により正しく文字が書けないことでしょう。
いわゆる健常者が普通にできることも重度障害者には大変な困難があるのです。

それを助けるのが「ICT」です。
視線入力で文章を打ち込み、その文章を読み上げてコミュニケーションを取ることができます。
インターネットを使えば,寝たきりでも仕事も勉強も可能です。
これは、まさに「健康」が高まっている状態。
ICTによる身体拡張により社会活動を活性化し、身体障害がありながらも「健康状態」を向上することができるのです。