多死社会に向けて訪問看護師が、死に場所を求める人たちの受け皿になるのだ

HOMEコラム>大橋 奈美 氏

大橋 奈美 氏

病院・施設・在宅と死に場所が選べる時代になってきた。しかし、2030年には、亡くなる場所を見つけることができない人たちが47万人の時代がやってくると予想されている。

未だに「家で死んだら、パトカーを呼ばないといけないのでしょう?」という家族や介護に携わっている人からの質問を受けることがある。

平成15年度の「新たな看護のありかたに関する検討会報告書」においても 「在宅で継続治療中に」 「死期が近い認識が家族・医師・看護師で確認しており」 「死亡に異常がなく」 「患者の尊厳や遺族への配慮のためにケアが求められる」 場合は、死亡診断書発効前でも訪問看護師が死後の処置を適切に行うことが法的に可能であるといわれている。
しかし、医師や看護師の中には、死亡確認をしてもらわないと死後の処置が始められないと認識している人もいるのが現実である。

なので、パトカーを呼ばないで自宅で最期を迎えるためには、訪問看護を活用してもらいたい。

訪問看護を知らない人からは「料金が高い」「何をしてくれるの?」と質問される。
訪問看護を使ってくださった利用者・家族からは「不安が安心に変わりました」という言葉を頂く。訪問看護師が関わることで、ヘルパーさんたちからも「安心できます」と良く聞く。
多くの利用者からは「やっぱり住み慣れた家で死にたい」という言葉を聴く。

今こそ、訪問看護は「遣り甲斐がる職業だ」と声を大にして言いたい。

人間で生まれてきた以上「生・老・病・死」がある。多死社会を迎えた今こそ「老・病・死」に訪問看護が必要である。

夜間休日を問わず、緊急時対応できる訪問看護ステーションが増える必要があるのではないだろうか。訪問看護師の負担を軽減するためには、大規模化を目指すということが必要である。

「訪問看護師たちよ、立ち上がれ」多死社会に向けて、訪問看護師が多職種連携をしながら、死に場所を求める人たちの受け皿になるのだ。

80歳胃がんの末期で

HOMEコラム>大橋 奈美 氏

大橋 奈美 氏

80歳の次郎さんの長男夫婦から「父が胃がんの末期で、退院したい。最期は、自分が建てた家で死にたい」という希望があり、在宅ホスピスをお願いしたいという依頼があった。病院の医師によると、余命は1週間であった。退院してきた次郎さんの初回訪問の言葉は「あー家に帰って良かった。これで、安心してあの世に逝ける」という言葉に、家族とともに涙した。

余命1週間という次郎さんは、妻、長男夫婦、孫2人の6人暮らしだった。
2週間ほど経ったころ、私が麻薬の内服確認をしていたときに、「貴女は、元気そうで羨ましいねー」と次郎さんはベッドで寝ている体を少し横に向けて言った。私は「元気に見えるとよく言われます。これでもあーすれば良かったなとか反省ばかりです」と言った。
その頃はスタッフ教育について悩んでいた私だった。次郎さんは「反省をする人は、本当に人の上に立つ人だとわしは思う。反省できない人には、上に立つ資格などない。それでいいんだ。『頭まわらな尾はまわらん』という言葉がある。貴女達の仕事は、本当にわしや家族を不安から安心に変えてくれる仕事だと思う。頑張って、それで良いんだよ」と・・・「見透かされたー!」と思った。この会話の3日後に、次郎さんは家族の見守られる中大好きなウイスキーを毎日飲んで、やすらかに息を引きとられた。

私たちエンゼルケアは、2人の訪問看護師で実施する。1人の看護師が次郎さんの体の後ろにまわって抱え、もう一人の看護師が家族とハグハグできるように、トントンと背中をさすりながら家族全員にお別れをしてもらう。妻は「お父さん今まで有難う。向こうに私が逝ったときは会おうね」といつも大人しかった長男は「親父、親孝行できなくてすまなかった」と泣いていた。私は「家に連れて帰ってくれたこと、本当に親孝行できたよ。お父さんいつも、感謝してるって看護師に話してたよ」と話す。家族は、涙を流されながらも清々しい表情であった。これが、訪問看護の遣り甲斐につながる。

私は、今でも反省するたび「反省する人は、人の上に立つ人だ」と語って下さった次郎さんの言葉を思い出し、訪問看護している。

チームワークの良さが多職種連携に繋がる

HOMEコラム>大橋 奈美 氏

大橋 奈美 氏

この9年間で、約200人の利用者の在宅での看とりをさせて頂いた。
社会風評では、家で最期を迎えるよりも病院の方が安心だという家族が今も昔も多い。実際80%以上の人たちが、最期の場所が病院で迎えるというのも事実である。
病院を辞め在宅への移行は、不安だらけだった。
在宅に訪問して最初に、カルチャーショックを受けた。病院では、患者間違いをなくそうと氏名・年齢・生年月日・疾患名の書いた紙を常に持ち歩いていた。一方在宅では、例えば日曜日に先祖供養に行き、帰りに必ず近鉄百貨店の地下の天丼を食べるアンパンが大好きなAさんが糖尿病でインスリンをしている。という生活までも観る。
次第に私自身の視点が変わっていった。

2.5人の訪問看護師で開設をした。スタッフを率いてまず取り組んだのは、ステーションスタッフ間のチームワークを大事にするということであった。胸の中に気に入らないと思ったことは、必ず表情を見てお互いが理解し合えるまで意見交換をした。良い指導方法を求め、指導の仕方の本も読んだ。プライドの高い看護師の注意は1対1で、褒めることはみんなの前で実施する。それは経験から逆だと実感している。
私は、叱るときこそ皆の前で、褒める時こそ1対1で褒める。その方が、効果的であると思う。今では常勤換算12人,事務員1人の大規模化になったのである。

そして現在、訪問看護ステーション内のチームワークが上手くできる人は、介護支援専門員・介護職・ディサービス・福祉施設の多職種と上手く連携できると感じる。
そう思ったのは「訪問看護師は、怖いと思っていましたけど付き合ってみると話しやすいし、医療面で安心してヘルパーが入れます」という意見を多くもらうからだ。

私たちは、良好な多職種連携を行うために何が必要か?それは、Face to Faceを大事にして、互いのエンパワメント力を高め今後在宅で安心して生活をしたい、最期を迎えたい人たちをチームケアで支えていきたい。