私の考える介護の質~ケアの喜び~

HOMEコラム>渡辺 道代 氏

渡辺 道代 氏

前回、前々回では、家族や家族の支援を中心に書いていきましたが、今回は介護する人全般について、ふれていきたいと思います。

ケアの質を考える上では、“ケアのすることの喜びや楽しみ”について考えることは欠かすことができません。
もちろん、ケアしたことによって、「歩けるようになった」とか「ご飯が食べられるようになった」など、ご本人の状態が良くなっていくことは本当に喜びだと思います。
ケアの効果が他にもわかるような変化はいろいろな形で示すこともできます。
しかし、ケアにかかわることの喜びや楽しみの本質は、雰囲気や思いのような、あらわしにくい中にあるように思うのです。

以下はあるホームページに掲載されていたものを抜粋したものです。

『「介護の仕事」とはどんな事をしているの?』と漠然とわかっていても実際携わってみないと見えてこない面があるかと思います。一般的には介助を必要とされるご高齢者へのお手伝いがメインになりますが、実際はお年寄りと「遊んでいる」という方が適しているのかもしれません。生活には必要である「食事」「排泄」「入浴」などの介助があっても、一番大切なのはコミュニケーションをとる事や楽しんで生活して頂く事が重点となり、それの達成には私たち介助者も楽しみながら接していく事が大切です。
ご高齢者にとって将来の事や健康状態、又、自分の存在価値など様々な不安を抱いて生活していますが、今、この瞬間の楽しみを感じて頂く事で「不安」から「生きがい」へと変えられます。楽しみとは、自然と笑顔が生まれる瞬間でありこの瞬間こそが介護職の味わいでもあります。一緒に歌を歌ったり、買い物に出かけたり、世間話をして笑ったり、とプライベートでおじいちゃん、おばあちゃんと接している時間の延長として介護職があるように感じる事があります。時にはお菓子を食べながらお話をしてみたり、桜を見に行って単純に「きれいだね」と共感したり、ファミリーレストランで一緒に食事をしてみたり、とこれを楽しい仕事と思う事が出来れば、毎日遊んでいるのにこれが仕事!?と感じる事もあります。又、お年寄りからは様々な事を教えられ、とても勉強になる事で自分自身の人間としてのスキルアップにも繋がってきます。……【特別養護老人ホーム職員 匿名 男性32歳】

……まだ若かった私は、幾度となくおばあちゃん達に試され、何度もやめようと思った。しかし、介護していく中で知る生活の知恵の素晴しさや、何よりお年寄りのありがとうという「笑顔」を見て、辞めたらもったいないと思うようになった。周りの介護職員のアドバイスもあり、考え方を変え接するようにしていったところ、相手の立場に立って接することが出来るようになった。ただ介助するのではなく、冗談を言いながら接することで拒否されていた介助も笑いながら行なえた。お年寄りが笑顔になるために、薬の見直し、家族との交流を増やした。1人が笑顔になると、周りの人も笑顔になる。なにより自分が嬉しくなる。自分が関わることで笑顔になる瞬間が増えていくことを実感でき、この職の喜びを感じた。……【地域密着型サービス事業所職員匿名 女性26歳】

相模原市ホームページ 「平成20年度 さがみはら「介護の日」記念事業から」「介護職員の声~介護という仕事に携わる喜び」 http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kaigo/11554/010861.html 』

日常生活の中で利用者の方に関わることの喜びや楽しみが表現されているように思います。
介護することによる喜び、楽しみの本質はなんでしょうか。
個々にちがうのかもしれませんが、利用者と私(介護者)との交流の楽しみが原点になるのだと思います。

家族で介護している人のインビューでのなかでもこのような回答がありました。
「……基本的にやさしい介護とかさ、介護はやさしくないんですよ。楽しい介護なんて、介護が楽しいわけはないんだから。本なんかには回答はないですよ。本もいっぱい買ったけど、何をやったらいいかは書いてない。やさしい介護や楽しい介護はない。明るい介護しかない。どんなに明るくできるか。介護者が明るくなれば、介護を受けるお年寄りは明るくなるんです。やっと気がついた。でもなかなかできないんだよ。……」

介護の大変さを実感しつつも、明るく介護していこうという思いが見えてきます。
私たちは日々の業務の中で、心身が疲労し参ってしまうことがあるかもしれません。

そのときに、自分自身の介護の原点はなんだったのだろうかと立ち止まって考えてみませんか。

私の考える介護の質~介護者へ向ける言葉~

HOMEコラム>渡辺 道代 氏

渡辺 道代 氏

ここ数年、家族介護者の支援をめぐる議論が活発になってきました。

2009(平成21)年に結成された「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」や2010(平成22)年に発足した「ケアラー連盟」などに代表されるように、介護者を支援する団体や活動が増えてきました。

介護者支援がマスコミでも注目されることが多くなったように思いますし、「介護される本人だけでなく、介護する家族も大変!」ということが社会全体に少しづつ受け入れられてきたのだろうと感じます。

現場では、介護家族に接するケアワーカー・ケアマネジャーに、どのような関わり方が望まれているのでしょうか。
あるヒヤリング調査で、とても大変な介護をされていたご家族の方の発言に次のようなものがありました。

「愚痴を言ったり怒ったりすると後味が悪くて、いつも後悔してしまいます。私は『大変!大変!』と言わないように心がけてきました。」
「『がんばれ』 とか 『あなた大変ね』 というのはあまりかけて欲しくない言葉です。
言われると心が折れてしまいそうでした。」

 

その発言を聞いて、私は日本認知症学会被災地支援マニュアル作成ワーキンググループが作成した『被災した認知症の人と家族の支援マニュアル<介護用>』(2011年4月18日作成)を思い出しました。
(日本認知症学会ホームペジ http://dementia.umin.jp/kaigo419.pdfを参照してください

その中で「ケアスタッフへの支援」で次のように書かれています。

「*挨拶や声かけは前向きに:「大変だね」という挨拶はやめて、「やり甲斐があるね」「少し進んだね」と、前向きな言葉を口にしましょう。脳には、自分の言ったことを正当化する働きがあります。「つらい」「大変」「苦しい」「疲れた」などネガティブな言葉は口にしないように心がけましょう。スタッフ同士で積極的にほめ合いましょう。」

「*『がんばってね』ではなく『がんばってるね』と互いに声かけしましょう。前者はもっとがんばれとがんばりを認めていないので禁句、後者は相手のがんばりを認めています。他人から認められることが心の支えになります。大変な生活の中にも小さな幸せがあるはずです。それに気づくことで心理ストレスが和らぎます。」

ケアスタッフ向きなので、介護者のためには多少、工夫が必要だと思います。
しかしその気づかいは学ぶべきものがあるのではないでしょうか。

私たちは、通常、介護者にどのような言葉を発していますか。
大変だからこそ、ネガティブな言葉を使いたくない・かけられたくない介護者の気持ちを理解し、介護者のがんばりや努力を認めているというメッセージをどれだけ送っているでしょうか。

中には介護者の生活や思いが眼中にないのではないかと思うケアワーカーやケアマネジャーの方もいますよね。

私の考える介護の質~家族の声~

HOMEコラム>渡辺 道代 氏

渡辺 道代 氏

家族支援の立場からは、介護職の人たちに対して、ケアしてくれることに感謝していることが多いと思います。
それゆえ、家族は多少の不満があっても、それを言わないことが一般的です。

【 Aさん 家族の発言 】

「ケアマネジャーや主治医と普段からよくコミュニケーションをとることも大切です。たしかに相性もあるけど、要介護者のことも、介護者自身のこともわかってもらう必要があります。介護者が楽になる発信してもよいと思う。あせらず、でも主張して、(嫌われないように)言い方をかえながら進めることが肝心だと思います。これ(コミュニケーション)が面倒くさくなってしまうといい方向には行かなかった。」

家族の調査でときどき聞かれる発言として、「ヘルパーや介護職はそれほどプロじゃない」という声が聞かれることがあります。
どんな時に聞かれるかというと、介護への不満というより、コミュニケーションへの不満であることが多いように思うのです。
「わかってもらえない」という感じです。
家族が「わかってもらえない」と感じるときは、やはりいいコミュニケーションがとれていないときだと思います。

家族が努力していないわけではなく、「介護する他の家族へどのようなことを伝えたいですか」と問うと「自分からコミュニケーションを取る」とか「感謝していることを伝える」、「いい関係をつくるようにする」などの発言も多く、ヘルパーやケアマネに対して、関係性に配慮して、積極的にコミュニケーションをとろうとしていいます。

介護するサイド、ヘルパーやケアマネなどからはかえって家族の気持ちや思いは見えにくいのかもしれません。
介護を受ける高齢者や障害者が支援の中心のため、その背後の家族の姿や思いまで理解しにくいのでしょう。
家族は介護を受ける高齢者や障害者の代弁者やケアをする人としての介護者の役割を担うとともに、家族自身の悩みや思いを抱えている存在として、理解することが必要とされるのです。

【 Bさん 家族の発言 】

「在宅介護ではべったりになってしまう。逃げる場がない。仕事でせっかちになっていて、職場で『イラついていませんか』と言われたときに気がついた。フラストレーションやストレスが溜まっていました。介護者が倒れると被介護者も倒れる。介護者にどれだけ『いい気持ち』(ストレスの緩和)ができるか、困ったときにセーフティネットを作れるか重要じゃないと思う。やさしい介護とか楽しい介護はなかなかできないが明るい介護はできると思う。介護者が気持ちを明 るくするために、その負担を軽減してくれるようなことがあるといい。介護者が明るくなれば、被介護者も明るくなるんです。でもなかなか1人ではできない。自分にストレスをためない。自分にやさしい気持ちがあったら、やさしくなれる。ゆとりがないとだめなんだ。ゆとりをもつためには、ストレスを捨てなきゃだめ。気持ちの切り替えのための小箱をどれだけ持っているかが大事だと思う。介護する人の感情はわかる。笑っていると笑う。怒っていると怒る。怒っていると声が大きくなって、鬼の顔になっているでしょう。そこだけは絶対ぼけない。人間の本能なんでしょう。ミラー現象というのだけど本当にそう。」

在宅での介護をしている家族は介護に起因するストレスを抱えています。
介護をしていく中で、自分自身のストレスに気づき、自分でストレスをコントロールしようとしています。

しかし、一人ではなかなかできないことが多いのです。

介護する家族はさまざまな感情に揺れ動きながら介護しています。
時には怒ってしまったことに後悔しながら。
しかしパーフェクトな介護は家族ゆえになかなかできないのです。

介護職はそのストレスに気づき、言葉を選んでコミュニケーションを取り、家族のストレスを緩和するような支援が求められているのです。