デイサービスの収益向上には

LIFE加算が必須です

介舟ファミリーはLIFE対応ソフトです

介舟ファミリーは、LIFE対象加算のCSV出力と厚労省の指定様式に対応しています。

LIFEのデータ連携イメージ

LIFEでは、介護ソフトで作成した情報をCSV 形式で取り込み、システムに登録することができます。介舟ファミリーでは、そのCSVファイルを作成することができるようになります。
作成したCSV ファイルのデータをLIFE に取り込むイメージは、以下の通りです。

介舟ファミリーとLIFEのデータ連携イメージ

介舟ファミリーのLIFE対応

介舟ファミリーは、LIFE専用メニューの利用者一覧より、各加算のデータ入力とCSV出力ができます。
また、LIFE対象となっている全16加算のCSV出力と13帳票の出力に対応しています。

LIFE対応画面イメージ

対応CSVと帳票一覧

介舟ファミリーのおすすめ機能

介舟ファミリーがおススメする通所介護事業所向けの製品・機能です。LIFEの管理と併せてご利用いただくことで、日々の業務を効率化することができます。

通所介護サービス

通所介護事業所の計画業務から請求業務まで管理できます。

記録アプリ「タブ録」

現場記録をタブレット入力できるアプリです。

送迎管理機能

視覚的な画面を使って乗車割や送迎ルートを管理できます。

LIFEって何?

LIFEとは、介護施設・事業所で行っているケアの内容・計画や利用者の状態などをインターネット上の公式サイトから一定の様式で入力すると、その結果が厚労省で分析されてフィードバックされるという仕組みです。

LIFEの活用が要件となっている加算

令和3年度からLIFEの活用を要件とする加算が設けられ、その加算の取得の促進を通じてLIFEへの取組が支援されています。
LIFEの活用が要件となっている加算は以下をご覧下さい。

LIFEの活用等が要件として含まれている加算一覧

※2021年2月19日厚生労働省事務連絡より

LIFE関連リンク

(1)LIFEを活用するメリットや流れ

 全国老人福祉施設協議会のポータルサイトで紹介されておりますので、以下よりご確認ください。
LIFE活用ポータルページ(LIFEがよくわかるQ&A)

(2)LIFEへのデータ入力頻度・期限

 データ入力の頻度は、加算ごとに定められています。基本的には、科学的介護推進体制加算・ADL維持等加算が6ヶ月に1回、その他の加算は3ヶ月に1回がベースとなります。また、データ入力の期限には猶予措置が設けられています。
詳しくは、以下の厚労省通知よりご確認ください。
R3.3.16【介護保険最新情報】vol.938
R3.4.23【介護保険最新情報】Vol.973