情報発信

HOMEコラム>橋本 紗貴 氏

橋本 紗貴 氏

第1回目は「支援機器」、第2回目は「自分らしく生きる」と書いてきましたが、共通するのは「人」です。

 

私が、支援機器に出会ったのも、自分らしく生きることが出来ているのも、多くの人に出会ったからです。

私が現在、使用している機器(視線入力を除く)は、「ソーシャルネットワーク」、主にFacebookで情報を発信し、多くの方との出会い、つながりの中で知っていきました。

私が広く多くの人とつながるきっかけ、そして、「視線入力」を知るきっかけとなった出来事があります。
それは、2015年にある支援学校での研究授業の講演会の時です。
そこである方の講演の中で「視線入力」について知りました。
この時は、身体の状態が悪く、身体が動かず、声も出ない状態になることが多く、コミュニケーションや学校の課題等に苦戦していました。
その時に出会ったのが「視線入力」です。
その後、視線入力の講演会をしてくださった先生にメールを送り、そして、視線入力を試用させてくださった大学の先生が近くにいらっしゃり2016年8月に視線入力を導入することが出来ました。
Facebookを通して、私の教員採用試験や教育実習を応援するFacebookページを作成してくださった先生、支援機器を貸してくださっている方、今年の7月末に島根に同行してくださった方、教育実習で使用する教科書をテキスト化してくださった方、たくさんの方と出会い、外の世界と繋がることが出来ました。
この時に、自分から情報を発信することが大切であると実感し、これからも情報を発信し続けたいと思いました。

ICTは重度障害者にとって生活の質を上げるため、そして外と繋がるために必要なモノだと思います。

私がいま、寝たきりにならず身体の状態を維持できているのは、たくさんの方に出会い、支援機器を紹介していただいたことで身体の負担を軽くすることが出来ているからです。
支えてくださる方が周りにたくさんいらっしゃることに感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも夢に向かって努力し続けていきます。

連載一覧

「自分らしく生きるために」

HOMEコラム>橋本 紗貴 氏

橋本 紗貴 氏

私は、自分らしく生きるために大切なのは心に余裕をもって、様々な世界を知ることから始まると思います。
世界を知ることが出来ると様々な考え方を学ぶことが出来、型にとらわれない柔軟な発想をもって自分らしく生きることが出来ると感じています。

また、余裕を持つためには人の力であったり、テクノロジーの力を借りることも選択肢の1つだと思います。
人の力を借りる時に大切なのはコミュニケーションをとって、相手の気持ちなどを知ることだと思います。

障害の有無に関わらず、コミュニケーションをとるときに大切なのは使用するツールよりも、その人と話したい、その人のことを知りたい、繋がりたいという気持ちが一番大切だと思っています。
大多数の人は音声を用いてコミュニケーションをとる人がほとんどだと思います。
しかし、話すことに困難さを持っている障害児・者は音声に代わる方法でコミュニケーションをとっています。
私も体調に応じでコミュニケーション方法は違いますが、その中の1人です。私は、身体の動かない時、声の出にくい時は、視線入力、レッツチャット、絵カード、指伝話を使用し、音声でない方法でコミュニケーションをとるときがあります。
他の人とコミュニケーション方法は違いますが、話しをしたい、相手のことを知りたいという気持ちは同じです。

ただ、声が文字に代わっただけ、音声合成を用いて話しをしているだけであって、本来の目的である相手と繋がりたいということに変わりはありません。
だから、相手と繋がることが出来れば、どのようなコミュニケーション方法でも、意思伝達でも良いと思うのです
絵カードであっても、筆談であっても良いと思います。
しかし、試験等になると他の人を介さないコミュニケーション方法、意思伝達が必要になります。
その時はテクノロジーをうまく適用していくことが大切だと思います。

人の力やテクノロジーを他の人よりも多く使用しているからといって、その人自身が変わるわけではないので、積極的に自分に必要な力を借りながら自分らしく生きることも大切なことなのではないかと思うのです。
これからも人やテクノロジーの力を借りながら私らしく生きていきたいと思います。

連載一覧

私と支援機器

HOMEコラム>橋本 紗貴 氏

橋本 紗貴 氏

私は8年前、突然の病気の発症により、重度障害児になり、周囲から「何も出来ない子ども」と見られました。
しかし、家族は諦めず、私に必要な機器は何なのか、どんな支援が必要なのかを探りながら日々を過ごしました。
ある日、兄がパソコンであれば自分の見やすい大きさに文字を拡大することが出来ることに気づき、パソコンを試しに触らせてもらいました。
すると、四肢麻痺・視覚障害があってもスムーズに自分の思いを書くことが出来、消しゴムで消す必要もないのですごく楽でした。

そして今では、障害の程度が重くなるにつれて必要な支援機器が増えていっています。
また、私の身体は普段は、動かしにくいながらも左手で日常生活を送ることが出来、車いすに座ることが出来ます。
しかし、身体の緊張が強まったり弱まったりして、身体がまったく動かない時、声が出ない時、力が入りにくい時もあり、機器を導入するまではコミュニケーションに苦戦する日もありました。

しかし、今では、多くの方の支援機器の紹介により、miyasuku EyeConSW、iPad、レッツチャット、難聴者用スピーカーコミューン、指伝話などの支援機器やアプリを使用することで、生活の質がぐんと上がり、どんな状況であってもコミュニケーションに困ることなく、体調に左右されることなく学校の課題を行うことが可能になっています。

けれども、金銭面などですぐに機器の導入が難しい場合ももちろんあります。
しかし、今の私はテクノロジーの助けがあるからこそ、勉強を続けることが出来、社会と繋がることが出来ています。
機器の導入によって私の生活は大きく変わったので、積極的に機器を取り入れていって欲しいです。
テクノロジーの適用によって生活が大きく変わる人がいます。

パソコンの苦手な家族ですが、積極的にICTを導入してくれたことにより、見えにくい、聞こえにくい、動かしにくい、話しにくい状況でも、社会で活動する可能になりました。
パソコンやタブレットの機器が苦手ながらも導入を決意してくれた家族、そして、様々な支援機器の紹介をしてくださった関係者のみなさんに感謝しています。

連載一覧